マイクカプセル「AOM-5024L-HD-R」試食会

Table of Content

期待の超新星

AOM-5024L-HD-R、以下AOM5024。
エレクトレットコンデンサマイクのカプセルで、おひとつ350~500円ほど。
~数個で買うなら送料を考えるとマルツが安いかな。単位大きいならDigikeyとかが安い。
https://www.marutsu.co.jp/pc/i/27039172/

こいつは個人が買えるカプセルの中で最高のSN比80dBを誇る。
これは数値だけなら3dio Freespace、通称白耳に搭載されているEM-172と同等の性能だ。
しかしPrimoの野郎はこれら高品質なカプセルを一般向けに卸していない為、SN比80dBを叩き出すならこの製品しか無いということになる。

ネットで探してもこのAOM5024を使った例は無かったため、ざっくり触ってみたレポを書いてみる。

ほんとにノイズがすくねぇ

EM158より明らかホワイトノイズが少ないでした。(//ここに検証データあとであげる)
検証いらない気もするくらい聞いて明らかだけど。

ただ、2線ノーマルで使うとかなり歪んだ音がするというか、これは内蔵FETの特性なんだろうけど、いかにも増幅されてます感のある音がする。
具体的にはループバックかけた状態で喋ると、明らかにマイクを経由してきた声が分離されて聞こえてくる。

3線改造が出来ねぇ

いきなりかよと思うかもしれないが3線改造の話。

+と書いてない方の端子の周りに、ランドとつながってる3つの端子があるので、これ削ったら3線改造できそうじゃーんとなる。
が、いっくら深く削っても、この端子がGNDから浮くことは無かった。
内部でつながってるんだろう…残念ながら、こいつは2線のまま使うしか無いらしい。

意地でもソースフォロアにする

しかしこの性能のカプセルがソースフォロアできないのは余りにも惜しい。というかソースコモンの音が結構バキバキな感じだから音質的には結構つらい。
というわけで伝家の宝刀、普通なら非推奨の2線式Linkwitzを採用だ。
JFETには極性が存在せず、ドレインとソースは実は任意に入れ替えられるという性質を利用し、+端子をマイナスとして扱う。
さらに前回ちょっと触れたP48回路を応用し、2線ソースフォロア式P48というアクロバティックな回路を組んだらなんと上手く行った

画像左がオリジナルの2線式Linkwitz、右が今回試したP48版。実態はP48のマイクを逆につけただけだ。
追記:すまん今見たら逆相になっとった XLRコネクタ側の2と3は逆だと思ってくれ

マイク本体に触るだけで大量のハムを拾い、ケーブルを長くするなどまず無理な仕様だが、用途によっては使えるかもしれない。
ファンタムを提供するアンプ側の性能にもよるが、ソースフォロアにすると明らかに音が正確になる。特に声が顕著だ。
ブレッドボードレベルでは目に見えたハムなども拾わないようなので、今の所かなりいい音が取れているという印象を受けた。
何よりEM158よりノイズが無い。

☆録音データをあとでここに上げる

買いですか

音フェチ向けなら買いです。音楽用には3線できないのもあって厳しいかな。

カテゴリー: 電子工作, 音響関係 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。